【オンライン日本語教師】オンライン授業の必須アイテム!iPadアプリ「Good Notes5」

オンライン授業
スポンサーリンク

あいうえお」では毎月1-2回程度、コミュニティ内勉強会として「シェア会」を実施しています。

今回は、iPadアプリ「GoogNotes5」についての勉強会を開催しました。

「シェア会」とは

コミュニティメンバーが持ち回りでスピーカーを担当する勉強会です。メンバー自身の経験や活動の紹介、得意分野や実践の共有、話題提供などを行っていただきます。

メンバー同士が持っている情報や経験を共有しながら、知識や交流を深めるのが目的の会です。

2021年からスタートし、現在コミュニティには64本のシェア会の録画が共有されています。

今回の記事は、7/27(木)に行ったシェア会の実践報告も兼ねています。

GoodNotes5とは

iPadで使える、デジタルノートアプリです。

私がiPadを購入してから5年以上、ずっと現役で働いてもらっています。

オンライン授業だけでなく、自分の勉強メモ資料の保存などにも活用することができます。

今回のシェア会では、「テキストをPDFでGoodNotes5取り込み、授業で使う方法」をご紹介しました。

それ以外の“ノート”の作り方や、便利な基本設定については、こちらの記事をご覧ください。

オンライン授業で使うために

みなさんはオンラインで授業を行う際、どのようなデバイスを使っていますか?

私の仕事環境を紹介します。

私の授業スタイル

  • Mac book Air 13inch
  • モニター 21inch
  • iPhone XR (カメラとして)
  • iPad Pro 11inch
  • スタイラスペン

このMacbookはもう3年くらい使っています。モニターを導入したのはつい半年ほど前です。

今使っているスタイラスペンは3000円くらいでしたが、これが壊れたらApple Pencilを買おうと思っています。

Acer ( エイサー ) 21.5型 ワイド フルHD ( 1920×1080 ) TN パネル ノングレア LEDバックライト ディスプレイ SigmaLine KG1 ( KG221QAbmix ) モニター 応答速度 1ms ゲーミング インチ

テキストをPDFで取り込む

PDFデータをノートとして、GoodNotes5に取り込むことができます。

今回のシェア会では、「オンライン日本語教師サポートプログラム 実践実習コース」で使用している「はなそう!みなとにほんご」というテキストを使って、PDFをGoodNotes5に取り込む方法をご紹介しました。

オンライン授業で使う

オンライン授業でGoodNotes5を使う際には、iPadの画面を画面共有して相手に見せる必要があります。

iPadであらかじめ自分のzoomMTGに参加しておく方法と、ミラーリングの機能を使う方法があります。

シェア会では、ミラーリングを一緒に練習しました。

グループのメンバー同士で助け合いながら、みなさんミラーリングを習得できたようです。

詳しくは、記事下部の録画をご覧ください。

おすすめインフルエンサー

GoodNotes5だけではなく、iPadには便利な機能や使い方がたくさんあります。

私は出張に行くようになった5年ほど前に、iPadを購入しました。

新幹線や飛行機の中で、パッと作業ができるのが魅力的です。

また、YouTube視聴Kindleなどでの読書も、スマホより快適にできます。

iPadを使うようになってから、自分のQOLは間違いなく向上したと思います。

使い方次第で自分の世界を広げることができる、素晴らしいアイテムです。

ぜひこの広い世界を知ってください。

録画の共有

以下で、シェア会の録画を共有します。

お手元にiPadGoodNotes5をご用意いただき、一緒に進めていただくのが良いと思います。

もし技術的なサポートが必要、1対1で教えてほしい、できているか見てほしい、などのご要望がありましたら、ぜひメンターセッションをご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました